2014年10月30日

子供部屋の秘密の部屋 - ロフト造り1

Loft_2.jpg


長いこと更新が滞ってました・・・
いろいろ変化があり、まだその最中ですが、一応元気にしています。

最後に更新した3月頃から温めていたプロジェクト。着手できたのは6月に入ってからなのですが。
しかもまだ完成していませんが。。。

普段寝るためにしか使わない息子の部屋をもっと有効に使う必要に迫られ、子供の頃から私がほしかったものを作ってみようと思いたちました。

「秘密の小部屋風ロフト」。子供の頃、弟とテーブルを壁に立てかけて毛布で覆い、おもちゃやおやつを持ち込んで長いこと遊んだものです。ドアや窓のある本格的な小部屋に憧れたなあ。子供って、自分だけの小さな家が大好きですよね。

私がどうしても譲れなかったのが、広さと高さ、そして窓があること。子供の頃二段ベッドに寝ていたのですが、ベッドの位置が高くて立ち上がれない上、遊ぶと布団がぐちゃぐちゃになるのがとてもいやでした。高すぎると昇り降りも億劫になって使わなくなるしね。

なので高さは身長が120センチある息子が立てる高さを上段下段ともになんとか確保し、ベッドにするマットレスを置いてもさらに余裕のある広さにしました。幅が110センチ、長さが240センチの細長い作りで、窓は3箇所に。ドアはないけれど、入り口も作る予定です。


KRoomB_1.jpg

子供部屋の写真Before。イケアのベッドのある位置にロフトを設置し、ベッドはなくして、マットレスをロフトに置いてベッドにします。ロフトの下のスペースが遊び場やおもちゃ置き場に使えるように。


角材をコの字型に組んだものを三つ作り(240センチと長いので、安定と強度のために三箇所で支えています)、それをつなげた上に二階部分の床板を置いて固定。そこに壁になる板をダボでつなぎながら重ねていくという面倒な作業でした。


Loft_1.jpg


窓はまだひとつ分しかできてませんが、左右に開くよろい戸がどうしてもほしくて。

あとは、残る窓ふたつによろい戸をつけ、入り口を作り、全部を覆わなくてもいいので、屋根もどきの板をつけ、梯子を作ったらとりあえず完成です。外観にあれこれつけたいものがあるのですが、それは後のお楽しみに。


Loft_3.jpg



内装は、壁を一応グレイにしたのですが、もっと明るいイメージにするか検討中。息子は、高さの足りない梯子で無理やり昇り、おやつを食べたり、遊んだり、すでに喜んで使ってくれています。

どんなものを置こうかな。考えるのが楽しいです。


登録しています。読んでいただいてありがとうございました。

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ フレンチインテリアへ
にほんブログ村












posted by いちごあたま at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンドメイド(Handmade) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
新着記事